\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ > 京都府

「どうしても今日お金が必要」
「給料日までにお金が足りない」

当サイトでは京都府で今すぐお金を借りたい方に、人気の業者をご紹介しています。即日でお金を借りたいなら、即日融資や即日審査に対応している安心で安全の大手消費者金融でのキャッシングがおすすめです。(※最短1時間融資)

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日キャッシング可能なのは

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「会社にバレたくない」「家族にバレたくない」ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物無しにしたいならプロミスの他にモビットも評判となっています。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

京都府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

借り入れの基礎知識コラム

カードローンの借り換えは聞いたことがあっても、内容までは知らないという人は多いです。

複数の金融機関からお金を借りていたり、月々の返済額では苦しくなってきたときに、新規で融資してもらったお金を使って古いローンを完済するというもので、ちょっとしたタイムラグではありますが返済日を伸ばしたり、月々の返済額を変えたりもできます。

借り換えでも審査はあるため、日にちに余裕を持って申し込みたいですね。

また、借換ローンは最初に借りたところほど低い利率では貸してくれないかもしれません。

また、毎月の返済額が少ないほど完済まで長い期間を要するといった短所も理解しておきましょう。

今回あぶないからといって安易に借り換えをするのも考えものです。

借り換えを申し込む前にいま一度考えるのが後悔しない秘訣だと思います。

返済能力を超えた時に行うのが債務整理ですが、債務整理中だからこそ、お金が足りなくなることもあるでしょう。

実は、債務整理中であっても借入できる業者があるのです。

違法な金融業者だけでなく、場合によっては借入可能な業者もあるのです。

とはいえ、借り過ぎた借金を軽くするための債務整理ですから、その最中にさらに借金を重ねたことが弁護士などに伝わってしまうと、債務整理手続きに失敗し、大きな支障になるリスクがあります。

また、債務整理中でも融資OKというような宣伝文句に騙されて闇金を使ってしまえば、借りたが最後、自殺するまで追い込まれる可能性だってあります。

闇金は超高金利の貸付で大きな返済負担を負わせて、非合法な方法で取り立ててくるからです。

本来であれば、債務整理は金銭的精神的負担を和らげ、人間らしい生活を送れるようにするためものです。

そのような場合にさらに苦しくなる行動をとるのは、おススメできません。

一般的に、住宅用の宅地や家屋を購入する時には住宅ローンを利用しますが、この時に金融機関が提供するキャッシングサービスを使ったことがあると、審査をパスしにくいというのは知っている方も多いでしょう。

キャッシングを利用する人は金銭管理能力に欠けるということなのでしょう。

まだ返済が残っていたり、滞納したことがあれば、ほぼ住宅ローンの審査はパスできないと思った方が良いです。

ですが、完済して五年以上経過しているのなら、特に問題視されないようです。

さしたる手間もなしに借りれるところがニーズに適しているのでしょうが、一日でも支払いに遅れが出たら、一日単位で遅延損害金が発生します。

この延滞金の年利は最大で20%です。

かつ、この遅延期間にも日割りで金利が生ずるので、長い延滞になればなるほど、支払う金額がその分だけ増えていくのです。

仕方なく遅延した場合、早急に支払えるよう努めましょう。

カードローンの決め手となる目安は必ずしも全員が同じではないでしょう。

金利だけを比べて選びがちですが、借入や返済のとき近所のATMは手数料が0円で利用できるか、給料日より前に返済日が来ないようにしたりその人の都合に合わせて利用することも可能です。

かかる金利のことばかりに気を取られ、自分にとって使いづらいカードローンだったと思わないように慎重に選びましょう。

おすすめ1位のプロミス